相続分取戻権の行使

遺産分割前に財産が第三者に譲渡された場合、その譲渡された財産を取り戻すには

遺産分割協議は非常に時間がかかるものです。相続財産はいったいどんなものがあるのか、その価値はどれぐらいのものか、気づいていない財産があるのではないかなどを調べなくてはなりません。
“相続分取戻権の行使” の詳細は »

債権債務の相続と時効

借金を相続したり、債権を相続した時の時効についてご紹介します

相続はプラスの財産も有れば、マイナスの財産も有ります。預貯金や土地建物等がプラスの財産なら、マイナスの財産は借金等です。人が作った借金を返す必要はないからと借金は相続しないが、プラスの財産だけを相続するという事は出来ません。
“債権債務の相続と時効” の詳細は »

家業を継ぐ者だけに相続させる

家業を継ぐ者が安心して相続できるようにするために生前贈与や遺言を活用する

家業が農業であったとしても、家族皆が農業に携わっているというわけでなく、その家を継ぐ子供だけが農業に携わり、他の兄弟姉妹は進学や結婚を機に家を離れ都心部での生活を始める人が少なくないでしょう。

当然相続が発生した時も、その土地や財産を、家業を継ぐ者(ここでは仮に長男とします)がそのまま全て相続すれば良いと思われるでしょうが、
“家業を継ぐ者だけに相続させる” の詳細は »

婚外子の相続分が変わりました

婚外子と婚内子は遺産を平等に分配することに変わりました

婚外子(非嫡出子)の相続分が変わったことをご存知でしょうか。

今回改正されたのは、1898年に施行された民法900条4号で、「婚外子の遺産相続分を婚内子(嫡出子)の2分の1」と定めていたものを、差別として平等にしたものです。


“婚外子の相続分が変わりました” の詳細は »

相続欠格の場合と相続権の行方

相続は誰でも出来るものなのでしょうか、相続者になれない人とは

相続欠格という言葉をご存知でしょうか。

親族の方がなくなり、相続が発生した場合、例えば父親が亡くなり、その父の財産を相続する権利を配偶者である母とその子供である兄弟三人がいれば、その三人が権利を有します。
“相続欠格の場合と相続権の行方” の詳細は »